全国回胴ネットがアンティークマシンをレンタル

投稿日:

 全国回胴ネット(本社/東京都)では3月から全国で初めてアンティークスロットマシンのレンタル事業を開始している。

 同社の前身となるフジ産業(現フジコーポレーション)はパチスロを0号機から販売し、最初の風営法における認定機である『ジェミニ』(1978年/マックス製作所)を販売したことでも知られる。今回のレンタル事業では現存する『ジェミニ』も含めてアメリカの1930年代以降の古いスロットマシンを数種類レンタルする。

 3月22日には埼玉県川越市の《藤沢プラザ》が景品カウンター前に『ジェミニ』のほか、『キャッスルフロント』(1938年/ミルズカンパニー)、『ワイルドインディアン』(1970年代/バリー社)、『ジャックポットスペシャル』(1970年代/バリー社)、『ボーナスライン』(1972年/バリー社)をオブシェとして設置、店内にはレトロ感覚が漂っている。

 なお、レンタル価格は1台2万5000円/月。基本契約期間は6か月。

-業界ニュース

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5