大遊協、家族をテーマに演劇公演へ

投稿日:

 大阪府遊技業協同組合は、新しい社会貢献の流れとしてメセナ活動に注目し、劇団「往来」とのジョイント企画で演劇「家族〜父はおっさんではない」を実施する。

 今回の公演は今日の日本の経済基盤を築いてきたはずのおっちゃんたちは、もっと社会的に評価されるべき存在ではないかとし、おっちゃんの復権をメインのテーマとして、社会問題の核として考えられている『家族』をモチーフに人間味豊かな演劇を展開していくことで、社会に問題を投げかけることが目的だという。

 劇団「往来」は要冷蔵を座長とする創立20年を迎える劇団。小劇場から、野外劇場、新劇、あるいは子ども劇など一切のジャンルにとらわれず「芸術はカーニバルだ!」をモットーに幅広く活動している。

■公演日
3月27日 14:00〜/18:00〜
3月28日 13:00〜
■場所
テイジンビル地下テイジンホール(大阪市中央区南本町1-6-7)

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると