大一が『Gメン"75』『新レレレ』を発表

投稿日:

 大一商会は11月6日、都内ホテルにおいてパチンコ新機種『CRGメン"75』と『CR新レレレにおまかせ!』の同時発表展示会を開催した。

 『CRGメン"75』は、従来の液晶演出、役物演出に加え「盤面演出」を可能にした新感覚のセル盤(透明パネル)『NUDE+(プラス)』を搭載し、セルから発せられる光が「ターゲットスコープ」や「弾痕」を表現するなど遊技機全体が一体となって演出を行う。

 機能面では『CR中森明菜・歌姫伝説』で好評だったスペシャル始動口を「アクションチャッカー」として改良して搭載。同チャッカー入賞時は通常変動時とは異なる専用演出を行う。また、ヘソ入賞による初当たり時は2ラウンド確変が全体の約30%を占めるが、電チューまたはアクションチャッカー入賞時の大当たりは2ラウンド確変比率が0%で全て14ラウンド。そのため、電チュー入賞の比率が高くなる確変中は、14ラウンド確変が出現しやすくなるなど、確変中の2ラウンド確変出現時にプレイヤーが感じる「損をした気分」を解消した仕組みも特長となっている。スペックは、ミドルスペックの『KH2』(大当たり確率1/319.75)と、『KS』(大当たり確率1/99.8)の2タイプが用意されている。

 一方の『CR新レレレにおまかせ!』は、約8万台の販売実績を誇る『CRレレレにおまかせ!』の後継機。前作で好評だった「スペシャルルート」(同ルート通過時1/4の確率でV入賞)を搭載しているほか、種別撤廃という利点を活かし、図柄による直撃大当たり(確率1/398.5)とスタート入賞記憶機能(最大4個まで)を付加した。大当たりラウンドは3ラウンド〜8ラウンド、16ラウンドの計7通りだが、大当たり時はラウンドがどこまで続くか判らない「ラウンド積み上げ方式」を採用している。

 セキュリティ面では振動センサー、磁石センサーの他、フォトセンサー(扉や役物の異常、回転体の停止を検知)を搭載。センサーが反応すると枠のLEDが光るとともに、ブザー音で異常を知らせる仕様となっている。

 納品は『CRGメン"75』が12月上旬、『CR新レレレにおまかせ』は年明けからスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると