シリーズ6作目の『花満開』、2月から設置

投稿日:

 西陣は12月14日、都内の『グランドプリンスホテル赤坂』においてパチンコ新機種『CR花満開MT』のプレス発表会を開催した。

 花満開は1993年にリリースされた初代以降、和風ジャンルの頂点に立ち続けてきた同社至宝のタイトル。今回はシリーズ6作目で、前作の『花満開 煌(きらめき)』から約2年ぶりのリリースとなる。

 見どころはメインキャラクターの「ほのか」が一段と艶やかになって帰ってきた点。また新キャラクター「ほのたん」が今回から登場。ストーリー性をより高めるもう一つの花満開物語「ほのか物語」も追加している。

 過去のシリーズ機の中でも最高水準となる超美麗グラフィックによる豊富な予告・リーチ演出を搭載している点も注目で、とくに予告演出の「花満フラッシュ」や「月光フラッシュ」では盤面一杯に繰り広げられる圧巻の演出が用意されている。今回のキャッチコピーは、「咲き乱れてもいいですか」。

 また、年末からテレビCMなど大々的なプロモーション活動も予定されている。

 スペックは大当たり確率1/269.7の1スペック。賞球3&10&13、確変割合は65%(2R確変含む)だ。

 一方、西陣では今年9月、世界的なデザイナーで知られる山本寛斎氏とのコラボ企画として「元気主義プロジェクト」を発表していたが、今回の新機種はこのプロジェクトの一環として新春からスタートする「和風三番昇舞」の「壱ノ舞」に位置づけられる。納品は2月中旬の予定。

    -新台

    © 2021 グリーンべると