セガサミー、ピーアークHDに子会社の株式譲渡

投稿日:

 セガサミーホールディングスは12月25日開催の取締役会において、連結子会社で商業施設等の企画・設計・施工などを手掛ける(株)日商インターライフ(丹野成仁社長)の保有株式の一部を、ピーアークホールディングス(株)(庄司正英社長)へ譲渡することを決議した。

 今回セガサミーHDが譲渡した日商インターライフの株式数は、保有する771万4400株(所有割合50.48%)のうち470万株(同30.75%)、譲渡価額は4億7470万円。この譲渡によりセガサミーHDは所有数301万4400株(同19.74%)となり、譲渡したピーアークHDに次ぐ2番目の持分法適用関連会社となる見込み。インター社の発行済株式総数1528万株。

 なお、日商インターライフの平成19年3月期の売上高は148億9600万円、営業利益は4億6300万円の赤字、経常利益は4億4000万円の赤字、当期純利益は4億4600万円の赤字となっていた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると