タイヨーE、パチスロヒットで売上大幅回復

投稿日:

 遊技機メーカーのタイヨーエレック(ジャスダック)は11月9日、平成20年3月期の中間決算(非連結)を発表。売上高は前年同期比198.3%増の111億4700万円、営業利益は4億400万円、経常利益は3億9800万円となった(営業利益、経常利益の増減率は前年中間期が損失を計上したため記載なし)。

 パチンコ機は『CRハムナプトラ』と『CRそれゆけエリちゃん』の2機種を販売する一方、前期に発売した『CR機動新撰組 萌えよ剣』を追加販売し、販売台数は前年同期比7889台増の2万6577台、売上高は同29億7800万円増の67億700万円となった。

 パチスロ機は5号機第2弾となる『マーベルヒーローズ』を販売し、販売台数は1万2926台(前年同期はパチスロの販売はなし)、売上高は44億200万円となり、パチンコ・パチスロを合わせた売上高は前年同期を大幅に上回った。ただし、利益面については利益率の低い新台の販売比率が高くなったことで当初計画は未達となった。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると