人材サービスのゼロンが無料セミナー開催

投稿日:

 総合人材サービス業の(株)ゼロン(城山光秀社長)は7月26日、都内・渋谷の会場でパーラー関係者を対象としたセミナーを開催。二部構成となり、第1部は「こだわり営業のススメ」をテーマに同社の阿部剛営業コンサルタント、第2部は「人材へのこだわりのススメ」をテーマに同社の鈴木宇一人材コンサルタントが講演した。

 冒頭、挨拶に立った城山社長は、「当社は“元気にする”をモットーとして『ヒト、モノ、カネ』に関するセミナーを開いてきた。厳しい業況ではあるが、今後を模索するうえでの格好の時期として捉え、ホールの方々に元気を与えたい」と開催主旨を述べた。

 第1部で阿部氏は、今後の完全5号機時代におけるパーラー営業のキーワードは「利益」であるとし、「玉を出すからお客様が増えるという図式はない。パチンコ店を営むことは利益を出すことが目的のはずであり、出玉以外の手法で集客を図る営業に変わらなければならない」と新時代に求められる考え方を示した。

 続く第2部で鈴木氏は、目標とすべき「顧客の定着」には「人材の定着」と「技術の定着」が不可欠であると説明。とくに「人材の定着」について、「バイトスタッフ等が早期に辞めてしまう理由には、上司と部下の互いの期待度に対する温度差がある。それを解消するためには、それぞれの役割を明確化し、結果に対する考課を行ったうえで、報償をきちんと与えるという一連のシステムを構築することが必要。これができないと、できる人から辞めていく悪循環になる」と述べ、人が定着できて初めてサービスの底上げが期待できると強調した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると