サミーPS3タイトルを一挙デビュー

投稿日:

 サミー(株)は3月6日、全国各拠点ショールームでパチンコ新機種『CRアラジンデスティニーEX』とパチスロ新機種『ゴジラパチスロウォーズ』、『ミスターマジックネオ』など3タイトルの内覧会を開催した。

 今回発表された3タイトルは、いずれも過去同社から発売されている人気タイトルの後継機。まず、『CRアラジンデスティニー』は、パチスロの人気機種『アラジン』シリーズで登場したキャラクター「アラジン」をモチーフとした新機種。今回はパチンコでありながら、パチスロ版のゲーム性で特長だった「アラジンチャンス」(通称:アラチャン)を搭載。2005年11月に発売された『CRチョロQターボ』などと同様、液晶当たりとハネモノ当たり(液晶画面手前のVゾーン入賞)の2つの大当たりで構成される種別混合機の特性を利用し、アラチャンの醍醐味を再現している。

 アラチャンまでの流れは、(1)盤面下部の始動口で大当たりを抽選、(2)大当たり確率1/193.9の内1/3で突入する「1」「3」「5」「7」のアラチャン突入図柄の当選、(3)右打ちに切り替え、盤面上部にある「★」のスルーゲートに玉を通過、(4)盤面下部電チューへの入賞、(5)盤面左の羽根役物の解放、(6)液晶手前の「V」への入賞で役物当たりスタート──となっており、アラチャンは液晶図柄100回転もしくは通常図柄での大当たりで終了する。スペックは、大当たり確率1/193.9、アラジンチャンス突入率は液晶当たり1/3(2R大当たりを含まない)、液晶当たりは15R9C、ハネモノ当たりは16R9C(「V」通過時を1Rでカウントするため実質15R)。

 次に『ゴジラパチスロウォーズ』(型式名:ゴジラG)は、1954年〜2004年までにシリーズ上映された人気特撮映画シリーズをモチーフとした新機種だ。同機では、劇中でも登場する「モスラ」「メカゴジラ」「キングギドラ」が、主役である「ゴジラ」とバトルし、見事勝利すルことができればボーナス確定となる。

 ボーナスは3種類のBBと1種類のRBを搭載。純増は前者で約300枚、後者で約48枚となっている。ゲーム性の特長は「索敵モード」の存在。同モードへの突入契機は全てのボーナス終了後と通常時の一定条件成立後(後者はメーカー非公表)などとなっている。この索敵モード中は、RT「迎撃モード」への突入契機となる特殊リプレイ「リプレイ・リプレイ・成虫モスラ図柄」の確率がアップ。さらにRT終了後には再度同モードへ突入するため、RTと索敵モードのループが堪能できる。また、RT中はボーナス成立、または100Gの消化で終了し、完走すれば約90枚の増加が見込める。索敵モードはチェリー成立で終了。

 『ミスターマジックネオ』は3号機『ミスターマジック』の後継機にあたる完全告知タイプ。ゲーム中はリールのスベリが重視されており、スベリが多ければ多いほどボーナス当選への期待度が高い仕組みだ。ボーナスは純増312枚のBBと同208枚のMBを搭載している。

 納品はいずれも3月25日からスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると