沖スロの定番『いみそ〜れ』が5号機で復活

投稿日:

『いみそ〜れ2バイオレットビスカス』

 エマは10月23日、都内のホテルでパチスロ新機種『いみそ〜れ2』シリーズのプレス発表会を開催した。同シリーズは4号機時代を代表する沖スロ『いみそ〜れ』の5号機バージョン。ハイビスカスの点滅やハイビスカスのドット表示によるお馴染みのボーナス告知機だ。

 シリーズ機は「ネオクラッシュモード」(リプレイタイム=RT)を搭載したバーニング・エディションの『バイオレットビスカス』(30φ)、『ゴールデンビスカス』(25φ)の2機種と、非搭載のピュア・エディション『プレミアムビスカス』(25φ、30φ)の計3機種。

 RT「ネオクラッシュモード」は、ビッグボーナス中の白7揃いでボーナス消化後に突入し、次回ビッグボーナスまでメダルを減らさずにゲームを楽しめる。モード中にレギュラーボーナスに当選しても継続する。またネオクラッシュモードへの突入は設定不問でビッグ4回に1回は期待できる仕様だ。RT中の純増は現状維持程度。

 ビッグ中の白7当選は『バイオレットビスカス』ではリールのフリーズ演出からドットへの流星出現で告知。『ゴールデンビスカス』では白7を完全告知する「阿(あ)モード」とレバーオン時の演出が白7当選への期待度で変化する「吽(うん)モード」の2つから選択できる。

 2機種のバーニング・エディションのボーナス確率はビッグとレギュラーの合成確率で1/204.8(設定1)〜1/149.6(設定6)。純増枚数はビッグ約273枚、レギュラー約101枚。ピュア・エディションの『プレミアムビスカス』は合成確率1/163.8(設定1)〜1/127.5(設定6)。純増枚数はビッグで約312枚、レギュラーで約104枚だ。

 一方、前作同様チェリーのアツさはボーナス重複当選という形で踏襲。バーニング・エディションの重複率は角チェリーで約1/8、中段チェリーならボーナス確定だ。ピュア・エディションでは角チェリーで約1/16、中段チェリーで約1/2の重複率になっている。

 バーニング・エディションの納品は11月16日から。ピュア・エディションは12月7日からの予定。

-新台

© 2020 グリーンべると