平和、中間期業績予想を赤字に修正

投稿日:

 平和は10月27日、2009年3月期の中間期ならびに通期の業績予想に関する下方修正を発表した。この結果、中間期は売上高219億5000万円(72億2000万円減)、営業利益76億7000万円の赤字(69億4000万円減)、経常利益26億4000万円の赤字(64億8000万円減)、純利益34億9000万円の赤字(68億9000万円減)となり、通期は売上高528億7000万円(313億3000万円減)、営業利益75億7000万円の赤字(175億2000万円減)、経常利益19億6000万円(170億4000万円減)、純利益5億6000万円(147億3000万円減)とそれぞれ下方修正している(数字はいずれも連結)。

 下方修正の理由について同社では第2四半期に投入を予定していたパチンコ2機種が第3四半期以降にずれ込み、当初計画より3万1000台減少したことや、多額の在庫問題を解決するため、同社および子会社のオリンピアのパチンコ機関連棚卸資産を再評価、平和で約31億円、オリンピアで約18億円の評価損を計上したことなどをあげている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると