ニューパル最新作が登場

投稿日:

 山佐はパチスロ新機種『ニューパルサーエボリューション』(型式名:ニューパルサーEVO)を発表。同機は4リール機となった『ニューパルサーV』の兄弟機で、「ボーナスチェック機能」と「ボーナス告知」を搭載するほか、『V』よりスペックアップが図られている。納品は5月25日からスタートする予定。

 スペックはBBとRBの純増枚数がアップし、ボーナスの合成確率も高く設定。BBの獲得枚数は平均326枚、RBは同113枚だが、BB中は12枚役を1回、RB中はチェリーを1回獲得することで純増枚数はBBで333枚、RBで117枚までアップする。ボーナス確率は、BBが1/266(設定1)〜1/240(設定6)、RBが1/468〜1/302、合成確率は1/169〜1/134。1000円あたりのゲーム数は約32ゲームで、チェリーとボーナスの重複当選もある。

 「ボーナスチェック機能」はリーチ目かどうか迷ったときにボーナス成立を確認できる機能で、4リール上にボーナス絵柄を狙い、ストップボタンから指を離した際にチカチカと光ればボーナスが確定するもの。ただし、リーチ目マシンとして期待感を持たせるため成立ゲームでは光らない仕様となっている。

 また「ボーナス告知」では、ボーナス成立の数ゲーム後にリールがフラシュすることでボーナスを告知。その後、リール脇のカエルランプのみ点灯で「カエルBB」、赤7ランプのみで「赤7BB」、両方消灯でRBが確定する。

-新台

© 2021 グリーンべると