29周年の「キン肉マン」がパチスロで登場

投稿日:

 山佐はこのたび、週刊少年ジャンプに連載された人気コミックとのタイアップ機となる新機種『パチスロ「キン肉マン」』(型式名:キンニクマンA)を発表した。同機のボーナスは「バトルゲーム」と名付けられたRBのみの搭載、『ニューパルサーV』以来の4メインリール採用機である。特長としてはRBと ART「マッスルタイム」のループで出玉を増やす仕様が挙げられる。納品は4月6日からの予定。

 RB(純増49枚)中は敵超人とのバトルが繰り広げられ、キン肉マン及び味方超人が勝利するとARTの「マッスルタイム」に突入する。「マッスルタイム」は次回RB成立かパンク役(シングルボーナス)入賞まで継続。最大継続率は87.5%で、高継続率が選択されればRBと ARTのループが期待できる仕様となっている。1Gあたりの純増は1.1枚。

 「マッスルタイム」中の打ち方は、色つきサンドバッグ(赤・青・黒の3色)が液晶に表示された場合に左リールの同色7図柄を狙うことでメイン役が獲得できる。また、パンク回避方法は、パンク役成立時には必ず液晶にキン肉マンかテリーマンがアップ表示されるため、キン肉マンなら第4リールの「POWER」図柄(赤)を狙い、テリーマンなら同「TECHNIC」図柄(青)を狙う。仮にARTをパンクさせてしまっても小役ナビが発生する救済機能も搭載している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると