全日遊連の新理事長選任スケジュール固まる

投稿日:

 任期満了に伴う全日遊連(山田茂則理事長)の新理事長選任スケジュールが確定した。3月12日、都内のホテルで開かれた理事会で全日遊連が決議したもので、理事会後の記者会見で報告された。

 それによると新理事長選任にあたって全日遊連は「複数の立候補者がいる時」「立候補者がいない時」「単独立候補者の時」の3つのケースを想定。理事長選挙が行われるのはこのうち「複数の立候補者がいる時」で、立候補の受付は3月31日に開始される。

 立候補に必要な要件は全日遊連の理事10名以上の推薦人名簿および所信表明文の作成・提出。立候補の受付締切は4月10日、所信表明文の提出締切は5日後の4月15日で、理事長選挙は4月23日開催の全国理事会で実施される。

 「立候補者がいない時」は4月23日に開かれる理事会で15名の選考委委員をクジで選出、選考委員会を開いた上で理事長候補者が選出される。立候補者が一人の「単独立候補者の時」は23日の全国理事会で単独立候補者がそのまま理事長候補者に選出されることになる。

 23日に選出された理事長候補者は5月30日の全国理事会までに新執行部を選考。同日の理事会で新理事長ならびに新理事長が選考した新執行部が決議される見通しだ。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると