銀座が『パチスロ ナイトライダー』発表

投稿日:

 銀座は2月21日、全国各拠点ショールームで新機種『パチスロ ナイトライダー』の内覧会を開催した。納品は4月上旬からスタートする予定。

 モチーフとなった「ナイトライダー」は、1982年から86年まで放送されたアメリカの特撮カーアクションドラマ。同機でも主人公が人間の言葉を話すハイテクカー「ナイト2000」と様々な事件に立ち向かう姿を3DCGを使った液晶演出で再現している。

 ゲーム性ではRT「ナイトタイム」とその突入チャンスゾーン「ターボゾーン」(以下、CZ)のループが特長。CZへの突入契機はボーナス終了後とバトルリプレイ(リプレイ・リプレイ・ベル)成立後、RT終了後の3種類となっており、このCZ中にRT突入契機となる2種類の特殊リプレイ(リプレイ・ベル・ベルorベル・リプレイ・リプレイ)が成立することで25ゲームor100ゲームのRTに突入する。

 RTのループ率は約50%で、CZ中に終了契機である特殊リプレイ「リプレイ・ベル・リプレイ」が当選するまで継続する。RT中の1Gあたりの純増は0.6枚。またボーナスとの同時抽選役はチャンスゾーン突入役でもあるバトルリプレイの期待度が一番高く、2種類ある1枚役、チェリー、スイカと続く。

 ボーナスは純増約265枚のビッグボーナスと同104枚のミドルボーナスを搭載。スペックは合成確率で1/235.7(設定1)〜1/161.0(設定6)。

-新台

© 2021 グリーンべると