テリー氏と美女7人がファン感応援団結成

投稿日:

結成されたファン感応援団と全日遊連の原田理事長(中央右)。

 11月20日から3日間の開催が予定される「第19回全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」(主催:全日遊連)で、昨年に引き続き2年連続で応援団長を務めることになったタレントのテリー伊藤さんが、“ラッキー7”にちなんで結成した美女7人の応援団とともに7月6日、都内でプレス会見を行った。

 それに先立って全日遊連の原田實理事長は、「このファン感謝デーは日頃ご愛顧頂いている全国のファンの皆さんに感謝の気持ちを込めて平成3年から実施しているものです。テリーさんには昨年に引き続きイベントを盛り上げる応援団長を引き受けて頂きますが、今年はさらに7名の美女が応援団員として加わって頂くことになりました」と挨拶。またテレビや雑誌、スポーツ紙など多くの一般メディアが駆けつけていたこともあり、より多くの人にファンとして参加してもらうため手軽で安く遊べる「遊パチ」の普及に力を注いでいることも付け加えた。

 続いてド派手なスーツを身にまとったテリーさんが颯爽と登場。「昨年は一人でしたが、今年はフレッシュな7名の応援団員が結成されました」と元気一杯に報告すると、130名の応募の中から選ばれた7名の美女が会見場に姿を現した。最終選考にはテリーさん本人も参加したという。

 7人は翌日の七夕にあやかってそれぞれがしたためた短冊を披露。「大当たりが出ますように」「カップルシートが増えますように」などの願い事が紹介された。最後に応援団長のテリーさんの「パチンコ・パチスロ ファン1億人!」という短冊が披露され、「外国人観光客にもファンになってもらいたい。パチンコ・パチスロも世界進出だ」とぶち上げた。

 テリーさんと美女7名は今後、新聞社や出版社等に足を運び、今年のファン感謝デーのPRに回る予定。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると