アリストクラートが初の全面液晶パチスロを発表

投稿日:

『Get the Ranker』

 アリストクラートテクノロジーズでは4月14日、六本木ラフォーレミュージアムにおいてパチスロ新機種『Get the Ranker』(型式名・ゲットザランカー2)のプレス発表会を開催した。

 同機は釣りをモチーフとしたオリジナルコンテンツで、15.4インチ液晶「エキサイトビジョン」を採用した同社初の全面液晶仕様機。ボーナス終了後のチャンスゾーン中に押し順ナビが発生し、ナビストックがあれば押し順に従う、あるいはナビがでない場合は自力で押し順を正解させるとゲーム数増加型ART「アラグイチャンス」(1ゲームあたり1枚の増加)に突入する。

 「アラグイチャンス」の突入契機は同社おなじみの「BB中の7揃い」がメインだが、全面液晶の利点を活かし、赤7図柄のライン数が増える「ロックオン7」を採用し、大幅なゲーム数の上乗せが期待できる仕組み。「アラグイチャンス」中にボーナスが成立するとゲーム数の上乗せが確定するほか、ボーナス消化後、「アラグイチャンス」の残りゲームがあれば継続消化される仕様となっている。

 ボーナスの獲得枚数はBB約200枚、RB約100枚。納品は6月7日より。

 プレス発表会では吉松俊男社長が「『Get the Ranker』は、当社の得意とするART機能に加え、大型液晶を搭載して演出にもこだわった。開発陣の中には釣りマニアも多く、その経験の中から開発された機械」と自信の程を述べたほか、グラビアアイドルの小林恵美さんも応援に駆けつけ、トークショー、実機試打などを行った。

(C)K.K.Aristocrat Technologies All Rights Reserved.

-新台

© 2021 グリーンべると