“男の憧れ”「フェラーリ」がパチンコ化

投稿日:

 (株)サンセイアールアンドディ(名古屋市、梅村義孝社長)は9月27日、都内台東区の東京支店ショールームなど各拠点でパチンコ新機種『CR.Ferrari』(フェラーリ)シリーズの発表内覧会を開催した。

 同機は機種名の通り、イタリアを代表する高級自動車メーカー・フェラーリ社とのタイアップ機。かつて日本で巻き起こったスーパーカーブームの筆頭車種である「ディーノ246GT」と「BB512」をはじめ、その後に発表された「テスタロッサ」、「F40」、「F50」、「360スパイダー」、「F430」、「エンツォ・フェラーリ」の各GTモデル、F1モデルである「F2004」も加えた9車種のフルラインナップが登場。この機種のためにヘリコプター撮影を敢行した実写映像や超美麗CGを駆使し、フェラーリの持つ高級感・世界観を15インチ大型液晶画面で存分に味わえる内容に仕上げた。

 また、オリジナルキャラクターの「NAMI」が各場面で登場し、大当たり中にはオリジナルソング「I Get A Chance(抱きしめて!)」を熱唱する。ちなみに大当たり5連(以後大当たり5回ごと)でF1グランプリの中継テーマ曲でお馴染みのTスクエア「TRUTH 21c」が流れるのも見逃せないポイントだ。

 シリーズは全4タイプを発表したが、とくにメイン機種となる『BHWR』(確率1/77.75→1/7.775、16or4or2ラウンド9カウント)は、独創的なゲーム性で人気を博した『CRセブンズロック』のスペックを踏襲。確変終了後に100回転の時短が付加し、さらに時短中の大当たり後にも100回転時短が付加されることで、 大当たり継続率が77%と飛躍的に上がる「フルスロットルモード」を搭載している。納品は10月15日から順次スタートする。

-新台

© 2021 グリーンべると