大都技研、『秘宝伝』正統後継機などPS同時発表

投稿日:

『秘宝伝〜封じられた女神〜』

 大都技研は12月3日、パチスロ新機種『秘宝伝〜封じられた女神〜』とパチンコ新機種『CRデコトラの鷲』シリーズを同時に発表。パーラーへの納品は両機種とも来年1月下旬から開始する予定。

 パチスロ新機種『秘宝伝〜封じられた女神〜』は、2006年にリリースされた4号機後期の大ヒット機『秘宝伝』の後継機に位置づけられる。「前兆」「高確率」といった前機のゲーム性を引き継ぎながら、同社5号機初のART機『忍魂』以降の同社の定番になっている上乗せARTをより進化させた「秘宝RUSH」を軸としたゲーム性が特徴だ。

 秘宝RUSHは1セット50G・純増約1.4枚/GのARTで、1度に最大7セットの当選が期待できる。高確率状態である「伝説モード」を経由して突入し、伝説モードはBB中の特定図柄揃いやRB中の押し順正解のほかに通常時の特定役当選でも移行。高確率中はすべての小役で秘宝RUSHへの突入抽選が行われる。また、勝利の鍵を握るARTゲーム数の上乗せはART中におけるBB中の特定図柄揃いやRB中の押し順正解などを契機とし、1度に10Gから最大300Gが上乗せされる。ボーナスの純増枚数はBB約210枚、RB最大60枚。

一方、同時発表されたパチンコ新機種『CRデコトラの鷲』シリーズは、昨年リリースされた同名パチスロ機のパチンコ版で哀川翔さん主演による同名映画シリーズとのタイアップ機。大当り確率1/348.6のミドルタイプと、大当り確率1/99.9の甘デジタイプの2タイプをラインナップ。

 ミドルタイプは電チューでの大当りはすべて16Rとなり、安定感と瞬発力を兼ね備えたゲーム性。甘デジタイプは16R大当りの比率が10%となり、遊びやすいスペックながら瞬発力もある。両タイプとも確変突入率は70%と高確率で大当りがループする。主なスペックは以下の通り。

『CRデコトラの鷲』(ミドルタイプ)
大当り確率:1/348.6
高確率:1/34.9
確変突入率:70%
賞球数:3&10&13
ラウンド数:2Ror16R
カウント数:7カウント
時短仕様:通常大当り終了後100回転

『CRAデコトラの鷲』(甘デジタイプ)
大当り確率:1/99.9
高確率:1/12.6
確変突入率:70%
賞球数:3&10&13
ラウンド:2Ror5Ror16R
カウント:7カウント
時短仕様:通常大当り終了後20回転

(C)オフィスサンヨー企画
(C)DAITO GIKEN,INC.

  • 『CRデコトラの鷲』

    『CRデコトラの鷲』

-新台

© 2021 グリーンべると