SANKYO、1/150タイプ2機種を同時発表

投稿日:

『CRフィーバーパワフルパレスST9A』

 SANKYOはこのたび、パチンコ新機種『フィーバーパワフルパレス』と『フィーバーキングブレイド』の2機種を同時発売した。

 両機種とも大当たり確率が約1/150タイプ。同社ではこの遊技しやすく、程よい出玉が期待できるライトミドルのスペック帯の機種を今回から「遊べてアツイ デジ魂(タマシイ)」として提案。ミドルスペックの底上げとともに、パーラーでのライトミドルスペックコーナーの確立を後押しし、パチンコファンの増加を目指していく方針だ。

今回発表した2機種はST仕様となっており、かつのて『フィーバーパワフル』や『フィーバーキング』のように大当たり後の保留玉連チャンが期待できるほか、大当たりラウンド中に保留玉大当たりを告知するゲーム性を新たに取り入れた。

 『フィーバーパワフルパレス』は、大当たりラウンド中に新キャラクターの「ストッキー」が登場すればST中の大当たり期待度が大。通常時は、夢夢ちゃん、ナナちゃん、ジャムちゃんが活躍する「パレスモード」と、往年のリーチが楽しめる「クラシックモード」に切り替えられる。大当たり確率1/152.4(高確率時1/15.2)、確変突入率100%(ST9回)、ラウンド7R(約590個)or14R(約1210個)or16R(約1390個)。

 『フィーバーキングブレイド』は、大当たりラウンド中はルーレット演出でST中の大当たり期待度やラウンド継続を告知し、RUSHランプが点灯すれば保留内大当たりの期待が持てる。また、スケルトンリールを用いた2重ドラムを採用し、多彩な演出が楽しめる。大当たり確率1/151.7(高確率時1/18.3)、確変突入率100%(ST10回)、ラウンド4R(約470個)or8R(約960個)or12R(約1440個)or16R(約1930個)。

 両機種とも2月中旬の納品予定。

  • 『CRフィーバーキングブレイドST10』

    『CRフィーバーキングブレイドST10』

-新台

© 2021 グリーンべると