Wドラム&節電機能搭載『CRプレミアム海物語』

投稿日:

左からミスマリンちゃん、ブラザー・トムさん、TKOの二人。

 三洋物産では8月19日、都内港区のニューピアホールでパチンコ新機種『CRプレミアム海物語』の発表会を開催した。

 発表会はブラザー・トムさんの司会で、ゲストにお笑いタレント・TKOを迎えて行われ、盧昇取締役が「今作はドラムを目で追う面白さが融合され、他にはない面白さが加わった。面白さの本質を守りながら進化した本機は2スペックを用意し、どちらも魅力を存分に感じて頂ける内容となった」と挨拶し、自信の程を窺わせた。

 海物語シリーズ最新作となる『CRプレミアム海物語』は、出玉約2000個仕様のハイミドルタイプ「ゴールド」(大当り確率1/354、確変突入率55%)と、オーソドックスなミドルタイプ「プラチナ」(同1/305、同60%)の2スペックを用意したほか、シリーズ初搭載の2層式ドラムや、タテスクロールを盛り込んだ図柄アクションなど新演出を付加している。

 2層式ドラムは、メインドラムと図柄ドラムの2層構造からなる仕組みで、メインドラムでは主にチャンスアップなどの予告アクションで作動、図柄ドラムは液晶と連動による様々なギミックを展開、これに一発告知役物「パトクジラッキー」によるアクションなどが加わることで、他のドラム搭載機にはみられない独創的な表現を実現した。

 お馴染みのモード選択は、いつもの海物語を楽しめる「海モード」、押しボタン演出で楽しむ「フォレストモード」、躍動する多彩なドラムの動きを楽しむ「クリスタルモード」の3モードが任意で選択できる。また、ミスマリンちゃんが登場するプレミアム大当り演出は、これまで大当り5連続目から出現していたが、今作では3連続目から出現するなど体感しやすくなっている。

 さらに「節電機能」も搭載されており、待機状態になると自動で節電機能が作動。台枠・盤面などの電飾がオフとなり、従来比最大16%の削減が可能となっている。

 納品は10月2日より。

-新台

© 2020 グリーンべると