ニューギン、パチスロ『クロスバレット』を発表

投稿日:

『クロスバレット』

 ニューギンは9月28日、東京・上野のショールームにてパチスロ新機種『クロスバレット』の発表内覧会を開催した。同機は1セット30G(純増2.0枚/G)のART「バレットダンス」を搭載する。納品は11月6日からの予定。

 ART「バレットダンス」には「Aモード」「Vモード」「V確変モード」の3種類がある。Aモードはいわゆる単発ART。V(確変)モードは1セット+2回ループで、当選時点で残り2回のARTが確定される。そのためV(確変)モードでは、Aモードに2連続で当選すると通常時に転落する仕組みとなる。VモードとV確変モードの違いはVの引き戻し率で、前者は約75%、後者は約95%。

 そのARTの突入契機は、スーパークロスチャンス(SCC)・クロスチャンス(CC)・「スナイプチャレンジ」の成功・通常時のレア小役成立、の4種類。SCC(純増約204枚のBB)当選は問答無用でVモード以上が確定。CC(純増約18枚のRB)は3ゲーム間の3択に挑戦し、2回成功でAモード以上が確定、3回成功ならVモード以上の当選となる。

 通常時から突入する「スナイプチャレンジ」は、ART突入役であるチャンスリプレイ(リプ・リプ・チェリー)が成立すると発生し、3択の押し順を当てることができればARTに突入する。

 レア小役からの突入は、弱チェリー・スイカ・強チェリー・1枚役の順に期待度が高くなる。通常時は内部的に50G周期となっており、ARTに当選した場合は周期の最終ゲームで告知される。50G周期のうち47〜49Gの3ゲーム間では、演出が連続して発生してART当選の期待感を高める。

 また、ART当選時のAモード及びV(確変)モードの告知は筐体上部の役物で行われ、演出を経て「A」または「V」がリールに停止することで判別ができる。V確変モードの場合は、告知音と共にリール手前のシャッターが閉まり「7」が出現する。

 SCC確率は全設定共通の1/10923、CC確率は1/306(設定1)〜1/280(設定6)、ART初当たり確率は1/261〜1/229、出玉率は96.4%〜109.2%となっている。

-新台

© 2021 グリーンべると