夢まるふぁんど、県下13施設・団体に支援金

投稿日:

 千葉日報社、千葉テレビ放送、ベイエフエムの県内メディア3社と千葉県遊技業協同組合で構成する夢まるふぁんど委員会(委員長・赤田靖英千葉日報社社長)は6月2日に開催された千葉県遊技業協同組合通常総会で、県内13の施設・団体に対し福祉支援事業として総額600万円の支援金を贈呈した。

 同ふぁんどでは県内パーラーで発生したこぼれ玉等をもとに基金を創設。これを福祉支援、地域振興事業、文化(国際)支援事業に役立てる。

 また総会では、平成22年度中の同ファンド活動が優良だった11店舗及び、長年にわたり活動に貢献している大原興商に対し夢まるふぁんど委員会より感謝状が授与された。優良店として表彰されたのは以下の11店舗。

サンパレス本八幡(市川組合)
ニュー後楽園(習志野組合)
メガガディス(船橋組合)
メガディーバス(船橋組合)
フラミンゴ四街道店(四街道組合)
パラッツオ志津店(佐倉組合)
ニュー後楽園(市川組合)
パチンコ会津屋(習志野組合)
アポロスロット(松戸東組合)
アポロ(松戸東組合)
ゼウス(松戸東組合)

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると