続・最恐パチンコ、『CRリング〜呪いの7日間〜』

投稿日:

東京支店でのプレス発表会の模様。

 藤商事は6月17日、東京・東上野の東京支店で開いたプレス発表会でパチンコ新機種『CRリング〜呪いの7日間〜』を発表。納品は7月下旬より開始する予定。

 同機は2007年3月にリリースされた『CRリング』の後継機で、ジャパニーズホラー映画の代表作「リング」とのタイアップ機。映画「リング」の撮影スタッフによって撮り下ろしたオリジナルストーリーも追加され、あの「貞子」の強烈な怨念が生みだした恐怖の世界を前作以上に再現した。

 その恐怖を特に味わえるのが「最恐呪いの手役物」。通常時は画面上部にある呪いの手が、リーチや確変中、通常時などあらゆる場面で“業界最速級”の速度で落下する仕掛けで、その大当たり信頼度は50%以上を誇る。

 スペックはミドルタイプのST機『FPF』の1機種のみの発表。大当たり確率は1/381(高確率1/49)、確変突入率は100%(全大当たり後に70回転のST)、ラウンド・カウント数は2Ror5Ror16R・9C、出玉は約620個(5R)、約1250個(16R・実質10R)、約2000個(16R)。

-新台

© 2020 グリーンべると