ガイア、延期していた2011年度入社式を開催

投稿日:

歓迎の言葉を述べる荒井晃広社長

 パーラー大手のガイアは5月11日、東日本大震災により4月1日から延期していた2011年度入社式を開催。同社の今期新入社員は研修後、既に4月5日から全国各店舗に配属されており、当日は本社を含む13箇所をテレビ会議システムでつないで実施された。

 新入社員178名(大学卒136名、短大・専門卒21名、高校卒21名)のうち68名が出席した本社では、新入社員を代表して、宮城県出身で今回の震災で自らも被災した内海太郎さんが「娯楽を通じて世の中を明るくし、元気を与えたい。この業界を創造していくという熱い気持ちを抱きながら、いずれは会社の中心的担い手になれるよう、日々挑戦していきたい」と誓いの言葉を述べた。

 これを受けて、荒井晃広社長は「世の中がようやく復興ムードとなり、前に進もうという気持ちになっている中で、我々が今、何ができるかということを一人一人考えてほしい。それぞれ一人一人が相手を敬って、みんなの気持ちを考えて、和を以て行動することの大切さ。それぞれの良いところを見て伸ばしていくという気持ちを持って頑張ってほしい」と力強い歓迎の言葉を贈った。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると