豊丸、漢パチンコ『CR天地を喰らう』を発表

投稿日:

 豊丸産業は6月28日、都内・港区の大型アミューズメントショーレストラン香和(かぐわ)にてパチンコ新機種『CR天地を喰らう』シリーズのプレス発表会を開催した。

 漫画界の巨匠・本宮ひろ志氏が「三国志演義」を原作として描いた同名漫画をコンテンツに採用した同機は、「漢パチンコ」をコンセプトに、漢気あふれる世界観を多彩な液晶演出や迫力満点のギミックで完全再現。スペック面では、小当たりや潜伏確変を一切排除し、高確率時は次回大当たりまで100%電チューサポートが発生するといった分かりやすいゲーム性と高い確変継続率、通常大当たりでも最大ラウンドの出玉が獲得できる「最多ラウンド保障」などを特長としている。

 主なスペックは、ハイミドルタイプの『358F』が大当たり確率1/358.1(高確率時1/35.8)、確変突入率78%、ミドルタイプの『299M』が大当たり確率1/299.3(高確率時1/29.9)、確変突入率80%、甘デジタイプの『99V』が大当たり確率1/99.9(高確率時1/16.9)、確変突入率70%。納品は3スペックともに8月を予定している。

 プレス発表会の冒頭、挨拶に立った同社営業本部の永野弘之本部長は「本機は漫画界の巨匠・本宮ひろし先生のご協力のもと、万全の開発体制で作り込んだ。原作を忠実に再現した液晶演出に加え、激しく躍動する『天地ギミック』や液晶を覆い隠す『天地シャッター』などは迫力満点。必ず満足して頂ける仕上がりになっている」と意気込みを述べた。

 続いて機種説明で登壇した同社企画本部の佐藤健氏は、あわせてプロモーション展開などにも触れ、コンビニコミックスの再販、ソーシャルカードゲームとのコラボレーションに加えて、AR(拡張現実)技術を利用した新サービス「トヨマール」が開始されることも発表された。

 また、プレス発表会では、今回のために特別編集されたダンスステージが披露されたほか、原作者の本宮ひろ志氏がビデオメッセージで登場。『天地を喰らう』を描くきっかけや今後の抱負などについてのコメントが寄せられた。

(C)本宮ひろ志/集英社/FIELDS

-新台

© 2020 グリーンべると