アサヒディード、大和川で清掃ボランティア

投稿日:

 アサヒディードは3月4日、大和川再生協議会が主催した「大和川クリーンアップキャンペーン」に参加した。

 同社では、板倉行央社長が大和川再生協議会に基金を寄贈する大阪福祉防犯協会の副会長を務める縁から、本部及び店舗の社員・スタッフの家族約20名がボランティアとして参加し、大和川の河川敷でゴミや流木等を回収する作業を行った。

 この活動は、大阪市と堺市の間を流れる一級河川である大和川の下流付近で行われ、毎年多くのボランティアが参加して大和川の再生に取り組むもの。大和川は一級河川の中でも水質ランキングのワーストランカーであり、きれいな水と魚を呼び戻すため清掃活動が継続して行われている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると