SANKYO、映画『タイガーマスク』とプロモ協力

投稿日:

舞台挨拶でポーズを決める落合賢監督、夏菜、ウエンツ瑛士、哀川翔(左から)

 SANKYOは新機種『パチスロ タイガーマスク』を発売するにあたり、11月9日から全国公開される映画「タイガーマスク」とプロモーションタイアップを行っている。

 10月8日には、その映画「タイガーマスク」のスペシャルプレミア試写会と主要キャストによる舞台挨拶イベントが東京・後楽園ホールで行われ、マスコミ関係者と一般ファンが招待された。

 イベントには映画監督の落合賢、伊達直人役のウエンツ瑛士、若月ルリ子役の夏菜、ミスターX役の哀川翔が来場。ウエンツ瑛士さんは、「昔からのファン、悲しみを背負ったヒーローが、悩むことで強くなり、大人の階段を登っていくところを見て欲しい」と語った。

 なお、SANKYOでは、遊技機メーカーとして初めてとなる劇場内CMを9月14日から同27日まで実施したのをはじめ、9月28日から2ヶ月間にわたり、大手家電販売店のヤマダ電機で店頭販売されているTVモニターを使って、遊技機と映画のタイアップCMを放送する。パーラー導入予定の11月にも映画の公開に合わせて、再度、劇場内CMを展開する予定。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると