都遊青が青少年育成支援の団体等に助成金交付

投稿日:

 東京都遊技業協同組合青年部会(濱田豊和部会長)は6月27日、PIVOT基金(東京都遊技業ボランティア基金)の助成先を決める最終選考会を開催し、青少年健全育成等の活動に取組む5団体に助成金を交付することを決定した。

 同基金による助成活動は今年で14回目。毎年、助成申請団体の中から書類審査、面談により、原則5団体に助成金(上限30万円)を交付している。

 今回は26団体が助成を申請し、5月9日の書類審査で候補5団体を選出。最終選考会ではこの5団体が日頃の活動や申請理由等をプレゼンテーションした。

 都遊青幹事らによる審査の結果、5団体それぞれから申請されていた額面通りの助成金を交付することとした。濱田部会長は「有意義に使ってもらえれば。事業の見学にも伺いたい」と語った。助成総額は114万3000円。

 助成団体は以下の通り。
・NPO法人 日本バリアフリー協会
・NPO法人 結ふる-きんちゃんネット
・みなとチャイルドライン・子ども電話
・ピナツボ復興むさしのネット
・ぱぱとままになるまえに

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると