ロングST&2000個のドラゴンループに注目

投稿日:

『CR燃えよドラゴン 激怒』

 高尾はパチンコ新機種『CR燃えよドラゴン』シリーズを発表。2月4日には都内でプレス発表会を開催した。

 折しも映画「燃えよドラゴン」が公開されて40周年の節目となる本年。プレス発表会で挨拶した内ヶ島隆寛副社長は、

 「節目の年に本機をリリースできて誇りに感じている。実写をふんだんに取り入れ、映画さながらの臨場感を実現できた」と抱負。同社が手掛けるブルース・リーシリーズは本機で3作目となるが、「いつかはリリースしたと思っていた機種だった」と力を込めた。

 同機は160回転のロングSTを搭載。ST中の確率は1/69.9で、高い引き戻し率を誇る。これに160回転の電サポが付与される「超ドラゴンラッシュ」が出玉増加のカギ。ラッシュ中の大当たりは66%が2000個オーバーの「燃えよドラゴンボーナス」となり(「激怒」スペックの場合)、両者がループする「ドラゴンループ」は継続率90%オーバーとなる。

 スペックは大当たり確率1/394.8の「激怒」と、1/299.3の「激闘」の2タイプ。確変割合やラウンドの選択率は異なるが、ドラゴンループに突入した際の継続率は両スペック共通だ。

 またプレス発表当日にはブルース・リーにちなみヌンチャク・アーティストの宏樹氏が来場。
「『燃えよドラゴン』を見て人生が変わった」という同氏は30年間鍛え抜いた華麗なヌンチャク・アクションを披露したほか、

「燃えよドラゴンの映像はなかなか見ることができない。その映像がふんだんに盛り込まれているという『CR燃えよドラゴン』にはブルース・リーファンからも注目が集まるのでは」と同機の見どころを挙げた。

TM& (c) Bruce Lee Enterprises, LLC. All Rights Reserved.
(c) 1975 Linda Lee Cadwell. All Rights Reserved
ENTER THE DRAGON and all related characters and elements
are trademarks of and (c) Warner Bros. Entertainment Inc. (s12)

-新台

© 2021 グリーンべると