ニュースバックナンバーへ

「金田一少年」シリーズ最新作は2025スペック2017年9月15日(金)

『CR金田一少年の事件簿~地獄の傀儡師~』

 サンセイアールアンドディはこのほど、パチンコ新機種『CR金田一少年の事件簿~地獄の傀儡師~』を発表した。

 同機はシリーズ累計9,000万部を誇る「金田一少年の事件簿」とのタイアップ機で、同シリーズとしては2作目にあたる。今作は「地獄の傀儡子」高遠遙一にまつわる「魔術列車殺人事件」、「速水玲香連れ去り殺人事件」、「獄門塾殺人事件」、「黒魔術殺人事件」の4つの事件を舞台に構成されている。

 スペックは大当たり確率約1/318.13(高確時約1/69.94)の確変突入率は52%で、電サポ回数は100回。大当たりラウンド数は5R(払出値675個)と15R(同2,025個)で賞球数は4&2&3&15。

 同機の右打ち中には確変の「地獄の傀儡師モード」、確変か時短かわからない「高遠バトルモード」、時短の「金田一少年の決死行」の3種類のモードを搭載している。また、ギミックには様々な場面で変幻自在に動く「IQube]」などを搭載している。同ギミックの圧巻の変化パターンは一見の価値ありだ。そのほかにも、原作を踏襲した演出やリーチを多数搭載している。
 
 なお、納品は10月15日を予定している。

(c)天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや/講談社

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月18日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状