ニュースバックナンバーへ

番長シリーズの流れを汲む『盗忍!剛衛門』登場2017年9月11日(月)

『盗忍!剛衛門』

 大都技研は9月6日、都内でパチスロ新機種『盗忍!剛衛門』とパチンコ新機種『ぱちんこ秘宝伝~秘められし時の鼓動~』のプレス向け試打会を開催した。

 『盗忍!剛衛門』は同社の人気コンテンツ「番長シリーズ」のスピンオフとして新たに制作したオリジナルコンテンツ。天下に名を轟かせる大泥棒・剛衛門が主役の物語で、番長シリーズから踏襲したコミカルな演出の数々がプレイヤーの笑いを誘う。

 スペックは純増約2.0枚/GのART「粋三昧」とプレミアムボーナスの「超絶景ボーナス」(270枚を超える払い出しで終了)を搭載したARTタイプ。ARTは20G以上+上乗せ特化ゾーンで初期ゲーム数を決定し、ART中は主に「盗目」役から上乗せ特化ゾーンを目指す仕様となっている。

 同機は通常時、ART中ともに「盗目」役が鍵を握るゲーム性となっており、「盗目」役が成立すればするほど通常時はART当選、ART中は上乗せ特化ゾーンのチャンスゾーン突入の期待度がアップ。7GのST方式で「盗目」メーターを白、青、黄、緑、紫、赤の順にランクアップさせていき、最高の赤までいくと約50%で通常時はART、ART中はチャンスゾーンに当選する。「盗目」役確率は通常時が約1/15、ART中は約1/10~約1/4となっている。

 上乗せ特化ゾーンはメインとなる「鬼粋」のほかに通常時からも突入する可能性がある「REDFOX」や盗目図柄停止で毎ゲーム上乗せする「絶景RUSH」を搭載。さらにプレミアムボーナスの「超絶景ボーナス」は上乗せ特化ゾーンの複数獲得に期待できる出玉トリガーとなっている。

 一方、『ぱちんこ秘宝伝~秘められし時の鼓動~』は大当たり確率1/239.2(高確率時1/29.9)で確変割合は50%。通常時は8個保留を採用。

 特長はこのスペック帯で約2400個大当たりを通常時は25%、右打ち中は50%搭載している点。初当り時のみ、通常大当たりと確変の一部が電サポ5回となるが、潜伏確変のループはなく、潜伏確変中に引いた大当たりは確変は電サポ次回、通常は電サポ100回になる。

 なお納品は両機種とも9月18日を予定している。

(C)DAITO GIKEN,INC.

  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年9月21日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年10月号
    • 巻頭特集
      “持ち玉遊技タイプ”へ高まる ファンのモチベーション
    • 特集
      解説!「規則改正」
    • Report
      被災地・南三陸町の子ども達に笑顔を届ける