P-WORLDが改正「迷惑メール法」の対応完了

投稿日:

 パチンコ店情報ポータルサイト「P-WORLD 全国パチンコ店情報」を運営する(株)ピーワールド(群馬県前橋市)は10月1日、パチンコ店向けに提供しているメール会員システムの適正化を行い、2008年12月施行予定の改正迷惑メール法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)への対応を完了したと発表した。

 改正後の法律では広告宣伝を目的とするメールは全て「特定電子メール」となり、事前の同意やメール本文への指定項目の表示が義務づけられる。同社のメール配信システムでは、以前よりユーザー(受信者)からの事前同意取得をシステム化しているほか、今回新たに、表示義務となった項目をパーラーが入力し忘れることのないように、システム上で自動挿入するよう改善。これで同社の配信システムを利用しているパチンコパーラーの配信メールは、全て改正法に適合することとなる。

 自動で挿入される内容は「店舗名」、「店舗のURL(リンク先にメールの解除フォームがある)」、「『当店の情報/メール解除』の文言」となり、それぞれ法律上の「送信者の名称」、「オプトアウトの通知先」、「オプトアウトができる旨の記載」に適合している。

 なお、10月1日現在、同社のメール配信システムを利用する店舗数は8023店舗。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると