ニュースバックナンバーへ

恒例の参加人口調査、参加者は増加2017年3月31日(金)

 グローバルアミューズメントは同社が独自に実施する「パチンコ・パチスロ参加人口調査 2017年版」をまとめ、3月30日にプレス向けの発表会を開いた。

 同調査では3ヶ月に1回以上の頻度で遊技する人を参加者と定義、本年3月10日から15日にかけて全国3万人を対象にインターネット調査を行い、2万9,231人から回答を得た。

 この結果、パチンコの参加人口は993.0万人(前回981.1万人)、パチスロ757.7万人(前回709.6万人)でPSともに増加。パチンコ・パチスロの両方を遊技するプレイヤーを考慮した、パチンコ・パチスロの両方、またはどちらかを遊技するプレイヤーの総数を計算すると、1,052.6万人(前回1,035.4万人)だった。

 また、同調査では3ヶ月に1回未満かつ1年に1回以上遊技する人をご無沙汰ユーザーと定義。この層を含めた「1年に1回以上遊技するプレイヤー」はパチンコが1338.0万人、パチスロが1022.8万人でこちらも前回より増加した。一方で「かつて遊技経験があるものの過去1年以内にはなく、かつ機会があれば遊技に参加してみたい」という休眠層の数はパチンコで減少、一方パチスロは増加した。

 こうした調査結果を受け同社の青山真将樹代表は、「若年層の参加が若干増えており、客層に変化の兆しが見えたのではないか。休眠層の減少もゆるやかになっており、射幸性の低下で大負けしにくくなった影響も考えられる」などと指摘。現場感として客数の減少が感じられるのは「参加者の減少ではなく、遊技頻度の低下が影響しているのではないか」と予測した。

 この他今回の調査でははじめての試みとして、プレイヤーの喫煙の有無による参加実態も調査。この結果プレイヤーの喫煙率は47.5%だった。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年4月30日(日)のイベント

  • 超パチンコ&パチスロフェスティバル@ニコニコ超会議2017
    10:00~17:00/幕張メッセ
  • ニコニコ超会議2017

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年5月号
  • 巻頭特集
    風雲急を告げる規則改正
  • 風営白書2017
    「平成28年における風俗環境の現状と 風俗関係事犯の取締り状況等について」より
  • 図説報告書
    パチンコ・パチスロ参加人口調査2017年版