ニュースバックナンバーへ

ゴト事例早見表への評価受けHPリニューアル2017年3月21日(火)

 セキュリティ会社のA・P総研は3月21日、ホームページをリニューアルオープンした。

 同社がリリースしている「ゴト事例早見表」に対する高い評価を受けたもの。一覧表をプリントアウトし、事務所や休憩所に貼り出している店舗も多く、要望の多かった「ゴト事例早見表」のウェブ版を今回のリニューアルでサービス展開する。

 全機種のゴト事例と、その危険度や対策部品などを一覧で確認でき、「クレマン」「電波」「ショート」「仕込み系」など、ゴトの種類に応じて、被害事例があるものは「警」、筐体に事例があるものは「注」、噂はあるが事例はないものは「噂」と、危険度を3段階で表示。対策部品についてもA・B・Cの3段階で表示している。

 今回のリニューアルで「ゴト事例早見表」のウェブ化にあたり、「絞り込み検索」の機能を追加。任意の機種のみを選択し、自店オリジナルの表の作成が可能になったため、自店の被害防止に役立てることできる。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月15日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状