ニュースバックナンバーへ

大遊青、子ども達に夢や希望を与える催し開催2016年12月21日(水)

子ども達に引率の職員を加え約1800人が参加。メインアリーナでは多くの子ども達がスケートを楽しんだ。

 大阪府遊技業組合連合会青年部会は12月11日、大阪府立門真スポーツセンターで「第30回未来っ子カーニバル」を開催した。

 同イベントは施設で暮らす子ども達に楽しいクリスマスの1日を提供しようと、昭和62年から続けている同青年部会の恒例行事。節目の30回を迎えた今回は「世界にふれよう」をテーマに、会場内には毎年定番の各種アトラクションに加え、世界各国の食べ物が味わえる屋台や世界各国の遊びが体験できるコーナーなど国際色豊かな催しを多数用意した。

 当日は、大阪府の児童養護施設等から約1800人がイベントに参加。子ども達はスケートリンクが設置されたメインアリーナをはじめ、16種類のアトラクションが用意されたサブアリーナ、世界各国の遊びを体験できる「あそび体験コーナー」などを自由に遊びまわったほか、屋台に用意された世界各国の食べ物を堪能するなどして存分に“世界”を満喫した。

 記者会見で、大遊協の平川容志理事長は「未来っ子カーニバルが節目の30回目を迎えたことは本当にうれしい。このように盛大に開催できるのは支えてくれた方々のおかげ。感謝の気持ちで一杯です」と挨拶。続けて青年部会の段周精部会長は「今回は世界の様々な文化を体験できる催しを多数用意した。今日の体験が子ども達にとって新たな希望や夢をみつけるきっかけになってほしい」と同イベントへの思いを語った。

 また、当日は同青年部会に対して大阪府知事から感謝状が贈られ、閉会式に登壇した植田浩副知事から段部会長に感謝状が手渡された。

  • image
  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年5月23日(火)のイベント

  • 回胴式遊技機商業協同組合 組合大会・講演会・懇親会
  • 三重県遊技業協同組合 第56回通常総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年6月号
  • 巻頭特集
    5.5号機は買いなのか?
  • Report
    5年の歳月を経て、仕事人最新作が登場! フィールドテストには150人超の列
  • 特別レポート
    盛り上がった「ニコニコ超会議2017」 リアルなパチンコの魅力を積極アピール