ニュースバックナンバーへ

名古屋・名東組合、自転車盗難防止にロック寄贈2016年11月22日(火)

都筑組合長(左)から湯浅会長にワイヤーロックを手渡した。

 名古屋市の名東区遊技場防犯組合(都筑善雄組合長)は区内での自転車盗難の被害が増回していることへの対策として、名東警察署にワイヤーロック2,500個(40万円相当)を寄贈した。

 同署管内での犯罪発生件数が減少傾向にある中、自転車盗難については増加。これへの対策として自転車のツーロックを啓発、その活動を展開するため、今回、ワイヤーロックの寄贈となった。

 11月17日に同署にて、北川警察署長、湯浅名東区防犯協会連合会会長、都筑組合長出席のもと、ワイヤーロックを寄贈。都筑組合長は、「犯罪者を作らない環境づくりが大切。今回のワイヤーロック寄贈が軽い気持ちで入る『犯罪の入口』の抑止になれば」とコメント。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年7月24日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長