ニュースバックナンバーへ

ミャンマーの国技・ラウェイの大会を日本で初開催2016年10月31日(月)

ラウェイの攻防の激しさに観客は大きな歓声をあげるなど、大盛況となった。

 一般社団法人全国遊技ビジネス振興会(曽我部康二会長)の三井慶満顧問が代表理事を務める、「一般社団法人ILFJ(インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパン)」が主催する「Lethwei GP In Japan 2016」が10月27日、後楽園ホールで開催された。

 大会開会に際し、MTBF(Myanmar Traditional Booxing Federation)のテイン・アウン会長から三井代表理事へ、東アジアにおけるラウェイ国際プロモート権の承認書が授与された。三井代表理事は、「身が引き締まる思い。ミャンマー伝統の国技であり、1000年続く歴史を持つラウェイを、初めて異国の地・日本で開催できるのも、テイン・アウン会長ならびミャンマーメディアグループのワンナ代表のご尽力のおかげです」と謝意を示すとともに、高らかに開会を宣言した。

 試合ではミャンマーから選手が来日し、全5試合を行った。地上最も危険な格闘技と言われているだけあって、各試合非常に激しい殴打、蹴り、頭突き、投げの応酬で、会場では歓声、声援が飛び交い大盛況となった。

  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月31日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年4月号
    • 巻頭特集
      増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
    • 特集
      迫られる依存問題対策
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員