ニュースバックナンバーへ

ボランティア活動を通してアスリートをサポート2016年8月16日(火)

大会ボランティア活動に精をだすアサヒディード従業員。

 アサヒディードは8月7日に桃山学院大学で行われた「2016年スペシャルオリンピックス日本・大阪 水泳競技会」のボランティア活動に参加した。

 スペシャルオリンピックスは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織。理事長は有森裕子氏が務めている。

 大会当日は、9歳から49歳までの幅広い年齢層のアスリート総勢110名と、100名のボランティアやコーチ、競技役員、応援団が集結。同社社員はボランティアスタッフとして参加し、他のボランティアと協力し大会の運営補助(競技終了後の選手の招集、表彰台の準備等)を手伝った。

 同社では2001年より継続的に同大会ボランティアに参加しており、今後もこのような活動を通じて一人でも多くのアスリートのサポートをしていきたいとしている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月19日(金)のイベント

  • 全日遊連全国理事会/記者会見
    13:00~

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年1月号
  • 巻頭グラビア&インタビュー
    未来に向けて発信されるエンタテインメント空間
  • 巻頭特集
    問われるパチンコホールの真の価値
  • 特集
    地域と歩む 〜地域に寄り添い、愛される企業へ〜