ニュースバックナンバーへ

手打ち式第2弾 対極スペック2機種を同時発表2016年8月1日(月)

手打ち式第2弾は業界史上最大サイズとなる直径100㎜「3穴クルーン」を搭載。2機種が同時に発表された。写真は『CRA-gon天空の王求物語』。

 A-gonから手打ち式第2弾が2機種同時に発表された。

 2機種は『CRA-gon天空の王求物語』と『CRA-gonハッピークルーン物語』。両機種ともに業界史上最大サイズとなる直径100㎜「3穴クルーン」を採用。また前作『昭和物語』の縦3連14連動を超える18連動を実現。皿の上をまわりV入賞するかどうかに一喜一憂するクルーン特有のハラハラドキドキ感が手打ち式と融合した。

 もっともスペックは対極的だ。『天空の王求物語』が最大連動を狙う普通機最大クラスの出玉性能を有するのに対し、『ハッピークルーン物語』はクルーンにたくさん入る軽めのスペックが特長だ。

 『天空の王求物語』の出玉は最大18連動で約285玉。上段・中段・下段に配された縦3連チューリップのどこを狙うかによって打ち方を変えるゲーム性になっている。クルーン入賞は「100発に約1.2回」(出玉率100%)、大当たりまでの平均初期投資額「約900円」(同)だ。賞球数は5&7&15。

 『ハッピークルーン物語』は「100発に約3回」(同)クルーンに玉が入り、常に期待感をもって遊技できる。平均出玉は約110個。大当たりまでの平均初期投資額「約380円」。破格の遊びやすさが実現した。賞球数は8&11。

 一方、練度の高い早打ちプレイヤーへの配慮から従来の「0.6秒あたり1発の発射制御」が今回の第2弾から「60秒あたり100発以内の発射制御」に変更されている。遊技機規則により玉の発射速度は「60秒100発以内」に制限されるが、“早打ち”ができるプレイヤーに対応するため60秒以内に100発に達した場合はウエイト音で玉送りがストップする制御に変更。往年の早打ちを可能にしている。

 新機種は2機種ともに受注生産。受注締切は9月7日で、納品は全国一斉10月23日からの予定だ。

  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年11月22日(水)のイベント

  • JAPaNセミナー
    11:00~17:00/中野サンプラザ

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状