ニュースバックナンバーへ

推進機構、遊技機性能調査の1年間の結果を発表2016年6月3日(金)

 一般社団法人遊技産業健全化推進機構は6月3日、昨年6月1日から開始した「遊技機性能調査」に関する今年5月までの1年間の調査結果を発表した。

 それによると、1年間の有効調査台数は、全国51(延べ186)地区871店舗の1392台。一般入賞口に入賞が確認された遊技機は816台(58.6%)となった。1台あたりの平均打ち出し個数は2965個。

 直近の今年5月には全国10地区69店舗・113台を調査し、一般入賞口に入賞が確認された遊技機は103台(91.2%)と、これまでで最も割合が高くなった。

 2015年6月から2016年5月までの一般入賞口に入賞が確認された遊技機の割合の推移は、以下の通り。

2015年6月 28.1%
2015年7月 42.7%
2015年8月 33.3%
2015年9月 38.8%
2015年10月 51.3%
2015年11月 54.3%
2015年12月 59.7%
2016年1月 70.6%
2016年2月 65.5%
2016年3月 77.1%
2016年4月 83.7%
2016年5月 91.2%


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年7月28日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長