KPEが今秋登場の「メタルギア」を公表

投稿日:

今秋登場予定の『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER』

 KPEは6月2日、都内・東京ミッドタウンイースト KONAMIホールで同社の今後の展開などを発表する「THE NEXT KPE UNVEIL」を開催した。
 同発表会では新機種『セブンスビート』の発表と今秋に登場予定の大物タイトル『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER』(メタルギア ソリッド スネークイーター)の説明が行われ、営業推進部プロモーション課の中本昌宏課長、営業推進部企画課の牟田口嘉郎課長、制作部の楠田和弘本部長が説明にあたった。

 8月に納品が予定されている『セブンスビート』はかつての集中機能を彷彿させる「アクセルレイブタイム」の搭載、押し順ナビ不要ながらかつ奥深いゲーム性、「beatmaniaⅡDX」シリーズ16タイトルの楽曲など90曲以上が楽しめるのが特長。「アクセルレイブタイム」に突入するとベルの出現率が22倍アップし、出玉が増加する仕組みで突入後は次回ボーナスまで継続する(平均獲得枚数350枚)。ボーナスと「アクセルレイブタイム」の初当たり合算値は設定1で1/99.9と高く、ボーナスと「アクセルレイブタイム」の出現比率は1:1となっているため、ボーナスとの連鎖による大量獲得が期待できる。

 今秋の登場が予定されている『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER』は全世界累計販売本数が4,920万本(2016年3月現在)を超える大人気ゲームとのタイアップ機。同機は業界初の32インチ液晶搭載の新筐体「BIGBOSS」の第1弾であり、ウイイレやメタルギアで実績のある最先端のCG技術の採用、操作部をアーチ型にしたシームレスな大画面の実現、124Gbの大容量ROM搭載によるハイエンドな映像表現などの特長が明らかにされ、デモ機16台を連動させたPV映像の紹介も行われた。
(C)Konami Digital Entertainment(C)KPE

  • 『セブンスビート』

    『セブンスビート』

  • 説明会では『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER』のデモ機を連動させたPV上映も行われた。

    説明会では『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER』のデモ機を連動させたPV上映も行われた。

-新台

© 2021 グリーンべると