ニュースバックナンバーへ

新宿区遊技場組合連合会が新宿区に軽自動車寄付2016年4月11日(月)

感謝状を受け取った原田實会長(左)と福祉車両目録を受け取った吉住区長(右)。

 新宿、四谷、牛込、戸塚の4組合から成る新宿区遊技場組合連合会(原田實会長)は4月5日、新宿区役所の区長室で社会福祉法人新宿区福祉協議会に対し軽自動車1台の寄贈式を行った。

 寄贈式では原田会長から同協議会名誉会長の吉住健一区長へ福祉車両(日産NV100 クリッパー)の目録が贈呈された。

 吉住区長は、「区内に約200町会ある中で、その代表を務めた他、都遊協理事長として暴力団組織を遊技場から排除することに大変ご尽力されたことに敬意を表します。そして組合として最後の仕事の中で社会福祉協議会のほうに軽自動車という大きなプレゼントを頂きとても感謝しています」と原田氏の功績を称えるとともに、謝意を述べた。

 原田会長は、「このたび区画整理でパチンコ店を閉店することになり、本日が遊技業界での最後の公務となります。しかし、今後も牛込防犯協会の相談役をはじめとする警察、消防、そして流鏑馬保存会会長として、自分の住む街が少しでも明るい地域にしていくために頑張っていきます」と社会貢献を継続していくことを示した。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月19日(金)のイベント

  • 全日遊連全国理事会/記者会見
    13:00~

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年1月号
  • 巻頭グラビア&インタビュー
    未来に向けて発信されるエンタテインメント空間
  • 巻頭特集
    問われるパチンコホールの真の価値
  • 特集
    地域と歩む 〜地域に寄り添い、愛される企業へ〜