全国流通商団体研究会が設立総会、32都道府県52法人が加盟

投稿日:

全国流通商団体研究会の設立総会の模様。

パチンコ店向けの景品を取り扱う卸問屋の法人と景品買取業所の法人で組織する「全国流通商団体研究会」は5月27日、都内のアルカディア市ヶ谷で設立総会及びインボイス制度勉強会を開催した。

同研究会の加盟法人は、同日現在、32都道府県・52法人(団体・商社)となっている。

同研究会は、インボイス等の全国的に統一した制度対応の普及をはじめ、暴力団の再関与防止の推進、賞品買取所の防犯活動の推進、3店方式の在り方等の調査研究と推進により、暴力団の排除と健全化という社会的責任を果たし、会員の経済的及び社会的地位の向上を図ることを目的に設立。

総会には28都道府県48法人(団体・商社)77名が出席し、全国流通商団体研究会会則(案)や代表委員の選出(18名以内)、会長及び副会長(5名)の選出など、5つの議題を審議し、いずれも可決承認した。

代表委員の選出では、北海道、東北、東京、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の各地区から計17名を選出。このうち、会長、副会長は以下の通り。
会 長 堀井努(東京・東京商業流通協同組合理事長)
副会長 軍司浩太郎(東京・東京商業流通協同組合副理事長)
副会長 篠田文正(愛知・愛知県遊技場商品販売協同組合代表理事)
副会長 岩田孝夫(大阪・大遊協商事㈱代表取締役社長)
副会長 大石正仁(大阪・㈱大商代表取締役社長)
副会長 白石寛美(熊本・㈱白石企業代表取締役社長)

会長に選任された堀井努会長は、「遊技業界ではコロナ禍や新規則機の導入等を契機として、店舗数の減少が続いており、厳しい環境のなかではあるが、こうした時期であればこそ、全国流通商団体研究会の会員全員が一致団結して、諸課題に対処していくことが肝要と考えている」と述べ、協力を求めた。また、「我々の全国組織というのは無理だと言われてきた。今こそ、心を一つにして進んでいきたい」と決意を述べた。

なお、総会の冒頭には、一般社団法人野田総合政策研究所の野田毅理事長と全日本遊技事業協同組合連合会の阿部恭久理事長が来賓挨拶を行った。

選出された会長、副会長(左から軍司副会長、篠田副会長、堀井会長、岩田副会長、大石副会長、白石副会長)。

-業界ニュース
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5