ニュースバックナンバーへ

コムデックス『AIBeacon』活用の行動解析を提案2016年2月17日(水)

無線通信端末『AIビーコン』

 パチンコ・パチスロポータルサイト『パチンコのトラ』を運営するコムデックス(株)(愛知県春日井市/沓川主途社長)はこのほどスマートフォン対応の無線通信端末『AIBeacon(エー・アイ・ビーコン)』を開発した(株)アドインテ(京都市下京区/十河慎治代表取締役)と同製品にかかわるパチンコ業界向けパートナー契約を締結した。

 この『AIBeacon』はアドインテ社が開発した無線通信端末で、BluetoothがOFF状態にあるスマホでも接触を検知することができ、アプリに対して任意のメッセージを送信することができる。

 また九州大学との産学連携により研究開発をした人工知能型データ・マイニング・システムとの連携により、より進んだ店舗解析が行える。

 コムデックス社が運営するパチンコ・パチスロポータルサイトの『パチンコのトラ』に参加するパチンコホールは全国約5,500店舗。一般ユーザーは同サイトに参加する店舗の機種情報や特賞情報、ニュース(チラシ)などを閲覧することができる。

 『AIBeacon』に対応するのは同サイトのアプリ版(パチトラアプリ)。一般ユーザーは無料ダウンロードが可能だ。『AIBeacon』を設置している同サイト参加店にアプリをダウンロードしている一般ユーザーが来店すると、BluetoothがOFF状態であっても端末のWi-FiがONになっていればそのお店の情報を自動的にスマホ画面に表示するための通知を送信することができる(ただし、Wi-Fiによる通知はAndroid端末が対象)。

 またパチトラアプリ以外にも『AIBeacon』システム対応ソースがインストールされていれば導入店オリジナルアプリにも対応する。対応ソースはコムデックス社から無料配布予定だ。

 店内における一般ユーザーの“行動解析”も可能になった。『AIBeacon』は、入店したスマホユーザーが「いまどこにいるのか」を解析し、それをヒートマップやグラフなどの表示機能で確認することができる。

 またWi-Fi環境を整備していない店舗でも、別途、Wi-FiルータIoTアクセスポイントを設置(工事不要)することにより『AIBeacon』は作動する。


 『AIBeacon』設置の標準は島端に1台ずつ。月額レンタル料金は1万9,800円(5台)。

 『パチンコのトラ』は一般ユーザーに情報を発信する他のパチンコ・パチスロサイトやアプリ、またホール向けに提案される申請書類の自動作成システムや管理システムなどに入力した各種情報を自動的に反映すると同時に提携先の各種サイトを一括更新する。パチトラが“ハブ(拠点)”としての役割を担い、ホール業務の効率化を生み出している。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月17日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状