ニュースバックナンバーへ

参加人口は970万人~レジャー白書20142014年8月4日(月)

 公益財団法人 日本生産性本部は2013年中の余暇市場をまとめた「レジャー白書2014」を発行、8月4日に都内で記者発表を行った。

 パチンコ・パチスロ関連の指標では、参加人口が前年の1,110万人から140万人減少の970万人となり、いよいよ1,000万人を割り込んだ。参加率は前年より1.3ポイント落ち込み9.6%となった。

 また、現在の参加率9.6%に対し、パチンコ・パチスロを今後やってみたい、または続けたいという人の比率を表す参加希望率は5.7%で潜在需要がマイナスとなっている点も指摘されている。ちなみに麻雀や公営競技では、参加希望率が参加率を下回る状態には陥っていない。

 なお、パチンコ・パチスロの市場規模推計値は18兆8,180億円で前年より1.3%の減少。

 余暇市場全体の市場規模推計値は65兆2,160億円で11年ぶりに前年を上回った。国内観光旅行が3年連続で参加人口トップを堅持している。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年6月29日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年7月号
    • 巻頭特集
      ピンチを前向きにとらえ チャンスに変える!
    • ホールレポート
      ダイナム新規店、レイアウト変更で快適さ強化
    • Report
      “集客”の“アイデア”満載、「店舗販促EXPO」に注目