花慶好きに贈る夏の祭典「花慶の日」

投稿日:

過去最多の約3500人が詰めかけた「花慶の日2016」は最後まで大いに盛り上がった。

 ニューギンは8月6日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで「花慶の日2016」を開催した。

 花の慶次シリーズのファンに贈る年に1度の感謝祭。8回目となる今回は「慶次伝説、ここに極まる!」をコンセプトに、恒例の角田信朗さんのライブをはじめ、人気ライター陣によるトークショー、歴代慶次の実機が打てるレジェンドゾーン、お祭り気分満載の傾奇縁日ゾーンなど楽しいイベントが目白押しとなった。

 気温35度を超える猛暑日の中、北海道や福岡など全国から大勢の慶次ファンが駆けつけ、一番乗りは午前4時30分に並んだという傾奇者。開場の12時30分には長蛇の列ができ、年に1度の祭典に寄せるファンの期待の大きさがうかがえた。 

 ニューギン販売の笹本教光専務取締の開会宣言で幕が開け、メインステージでは、歴代機種の主題歌を歌う角田さんが計4回のライブで全11曲を熱唱したほか、信岡愛さんがシリーズ機「愛」のテーマ曲を披露した。さらに、タイアップ機を出したアイドルグループ「トーキョーチアチアパーティー」からニューギン選抜メンバー9人が計4曲を歌いあげた。

 また、今年も多数の豪華ライター陣が出演し、必勝本、攻略マガジン、必勝ガイド、ジャンバリ.TVのメディアから計20名がトークショーやファンとの対決を繰り広げた。

 その他、花慶の歴代機種が並んだ試打コーナーやちょいパチコーナーなどを揃えたレジェンドゾーン、夏のイベントらしく縁日を模した傾奇縁日ゾーン、スタンプラリーでスタンプを集めた人だけが体験できるシークレットゾーンなど、趣向を凝らした企画、演出で来場者を楽しませた。

  • ボディビル大会の優勝をたたえ、角田さんに花束を贈るニューギン販売・笹本専務(左)。

    ボディビル大会の優勝をたたえ、角田さんに花束を贈るニューギン販売・笹本専務(左)。

  • 歴代「花の慶次」の主題歌など全11曲をパワフルに歌い上げた角田信朗さん。

    歴代「花の慶次」の主題歌など全11曲をパワフルに歌い上げた角田信朗さん。

  • ファン向け情報誌などから人気パチンコ・パチスロライターが集結。花慶の偉大さ、凄さで盛り上がった。

    ファン向け情報誌などから人気パチンコ・パチスロライターが集結。花慶の偉大さ、凄さで盛り上がった。

  • 歴代機種を並べた試打コーナー。来場者は懐かしい演出、まだ触れたことのない機種を思い思いに楽しんだ。

    歴代機種を並べた試打コーナー。来場者は懐かしい演出、まだ触れたことのない機種を思い思いに楽しんだ。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると