初代のゲーム性を完全再現!『スマスロ北斗の拳』正式発表、導入は4月上旬

投稿日:

サミーは1月16日、同社スマートパチスロ第1弾となる新台『スマスロ北斗の拳』(タイヨーエレック製)を発表。パチンコホールへの導入開始は4月上旬を予定している。

同機は、パチスロ市場で歴代NO.1の販売台数(約62万台)を記録した初代「北斗の拳」のゲーム性を完全再現。20年振りの復活とあって、4号機世代など幅広い年代のユーザーが楽しめる仕様となっている。

北斗シリーズを象徴するシーンと言えば、主人公・ケンシロウと最強ライバル・ラオウによるバトルボーナス。同機では、初代継承の安心感と新規要素の自力感を融合させた。バトルボーナスの継続率は初代の66%、79%、84%、89%に加え、新要素となる同機最強ボーナス「無双転生バトル」時の94%で構成。1セット約110枚獲得の安心感と、基礎継続率アップを勝ち取れる新たな自力感の融合で、究極のバランスを実現している。

バトルボーナスはまた、『パチスロ甲鉄城のカバネリ』で好評を得た同社ツラヌキSPECを超えたシームレスATを実現。同社独自の有利区間システムによりラオウに敗北するまで継続するバトルボーナスとなっている。

演出面では初代「北斗の拳」の演出バランスを楽しめる初代カスタムの搭載が注目ポイント。演出バランスを初代に寄せることで中段チェリー、モード移行、32G前兆など同機を代表するゲーム性を、当時と同じ感覚で堪能することも可能だ。

主なスペックは以下の通り。
▶AT確率 1/383.4~1.235.1(設定1~6)
▶北斗確率 1/7274.0
▶50枚ベース 約34.7G

-新台
-, ,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5