都内のパチンコ店《ウインベル・イースト・パチンコ》が自家買いの疑いで書類送検

投稿日:

東京都荒川区のパチンコ店《ウインベル・イースト・パチンコ》の店長ら3名が、自家買いの容疑で書類送検された。

一般報道によると、同店の店長や景品交換所の経営者ら3名が、今年4月~6月にかけ、客に提供した金賞品1,236万円分を直接、買い取った疑いが持たれている。3人は「直接買い取った方が手っ取り早かった」と容疑を認めているという。

《ウインベル・イースト・パチンコ》は京成電鉄・町屋駅から徒歩3分に位置し、設置台数271台のパチンコ専門店。近隣には系列店の《ウインベル・イースト・スロット》(設置台数300台のパチスロ専門店)、《ウインベル・ウエスト》(設置台数パチンコ114台、パチスロ79台の低貸専門店)がある。

運営する企業は千葉県船橋市に本社を置く株式会社ピーアンドジー。町屋3店舗のほか、船橋1店舗の計4店舗を経営している。

-業界ニュース
-

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5