ダイコク電機、愛知県から県行政推進や産業発展に功績・功労のある企業として感謝状贈呈
~愛知県政150周年記念~

投稿日:

愛知県政150周年記念事業のキャッチフレーズ。

パチンコホール向け設備機器大手のダイコク電機(名古屋市、大上誠一郎代表取締役社長)はこのほど、「愛知県政150周年記念感謝状贈呈団体」に選定。11月27日に愛知県芸術文化センター愛知県芸術劇場(名古屋市東区)で開催された記念式典で感謝状が贈られた。

ダイコク電機が本社および2つの事業所を置く愛知県は今年2022年、1872年(明治5年)11月27日に現在の愛知県が誕生してから150周年を迎え、その節目の年を記念して愛知150年の歩みを振り返り、県行政の推進や産業の発展などに功績・功労のある団体・企業を選定した。

記念式典では、選定された1,740団体・企業を代表して15団体が愛知県知事より感謝状が贈呈された。

愛知県では「愛つなぐ。知ひらく。」をキャッチフレーズに、この他にも愛知の将来の発展を牽引する象徴的なプロジェクトを県政150周年記念事業として選定しており、11月1日に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)に開園した「ジブリパーク」もそのひとつという。

同社では「今後も当社グループは、さまざまな活動を通じて、地域の発展・活性化に貢献してまいります」としている。

■「愛知県政150周年記念」公式サイト
https://150.pref.aichi.jp/

-業界ニュース
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5