滋賀県遊協甲賀支部が、地元自治体と災害時の施設利用協定を締結

投稿日:

滋賀県遊協甲賀支部はこのほど、社会貢献活動の一環として、甲賀市および湖南市と「災害時における施設利用等に関する3者協定」を締結した。この協定により、甲賀市および湘南市が地震、風水害その他災害に見舞われた際、自治体の要請によりエリア内のパチンコホール3店舗が可能な範囲で、駐車場、トイレ、水道、電気などを近隣住民に提供する。

10月17日には甲賀市役所で協定式を実施。滋賀県遊協甲賀支部の齋藤周平支部長と岩永裕貴甲賀市長、生田邦夫湖南市長らが協定当事者として出席し、それぞれ協定書に署名した。なお、協定店舗は、《GRAND G-ONE甲賀水口》《一番甲南店》《エンターテイメントオメガ湘南》の3店舗となっている。

協定式で、滋賀県遊協甲賀支部の齋藤支部長は、「東日本大震災の際、被災された多くの方々がパチンコ店の駐車場に避難され、それ以降、遊技業界では、災害発生時に、避難場所を提供する協定を行政と締結する取り組みが全国で進められています。地域住民の平穏を守る行政の方と協力して、災害発生時の対応の一助となれることは、業界が重要課題として進めている社会貢献活動と考えております」と挨拶した。

-業界ニュース, 社会貢献
-

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5